タダポックスの有効成分

男女

先行する医薬品にシアリスを持ち、成分を同一とするタダラフィルと国際的にも唯一早漏に対しての効用を認められているSSRI系統に分類されるプリリジーの成分ダポキセチンの二つの成分を含有する後発薬タダポックスとは、異なる薬理を持つ成分を二種類含有する事でEDと早漏を改善する事が出来る医薬品となり、前者の成分は20mg、後者の成分は60mgとなり、これはそれぞれの先発薬と同量の規格となるので投薬する事で同様の効果を期待する事ができ、加えて後発薬に当たるので安価に治療する事ができ、個人の輸入により入手する事が出来るので医療機関受診に抵抗を持つ男性の方でも有効に治療を進めていく事が出来ます。
タダポックスの成分タダラフィルは、シアリス同様、長時間の作用時間を持つ成分となり、男性の方が興奮を催した際に体内分泌が起こるNOの中に含まれるcGMPが血管を弛緩する事で海綿体へと多量の血液流入を行う事が出来ますが、EDを発症する事でこの物質を分解する海綿体に存在する5型のホスホジエステラーゼ酵素が優位性を強めてしまう事で原因である血液の流入量の低下を起こすとされているので、この成分を取る事で酵素を阻害し分解を防ぐ事で血液の循環を改善する事が出来ます。
一方の早漏に有効とされる成分ダポキセチンは、幾つかの原因の中でも神経物質不足状態により起こるものに対して有効となる成分で有り、射精に関わる交感神経が異常に興奮する事で分泌が促されるNAを抑制する事が出来るのが5-HTとなりますが、この物質が不足する事で過剰な興奮を抑える事が出来ず短い時間での射精となるので、選択的セラトニン再取り込み阻害剤に分類される本成分を投与する事で濃度を上昇させ神経の興奮を鎮静する事が出来るとされ、他の部位に作用する事が無く部分的な作用となるので安全性も問題が無いとされています。
タダポックスは、合併して上記二つの症状を罹患している方にはもちろん、単一の症状に対しても有効であり、特にシアリス成分タダラフィルは国内では20mgで2000円程の費用が必要なだけに、本剤であれば一錠を500円程度で抑える事が出来るので費用負担の観点からも役立てる事が出来る医薬品となります。